FC2ブログ

みさぐり奇譚①

 18, 2019 15:35
20190817.png

ほとんど放置だったJOGに接続していたリージョンを整理するタイミングでVPSを初期化して再構築しました。
もう何度目かになるこの作業ですが、毎回どこかでつまずいている私。特に今回はひどかった。

前回の覚え書きどおりにやってるのになぜか立ち上がらない。
もちろん、うっかりミスが原因なんですが、あまりにもそれが多すぎる!
そこからの説明?!ってぐらいに手とり足とり懇切丁寧な覚え書きだというのに。

次につまずいたときのために恥を忍んで書き残します。


前回、OpenSimのポート設定を8000番台にしていたら、8000番台はweb関係で使われることがあるから
「セオリー通り9000番台がいいよ」とアドバイスされました。
で、今回は9000番から順番にリージョンに割り振っていったんですが、なぜか立ち上がらない。
そういうときは、まずは「OpenSim.ini」ですね。よくやることは、頭についている ; を外してないとか。

OpenSim.iniでポートの設定するところは、

[Const]
; For a grid these will usually be the externally accessible IP/DNS
; name and use default public port 8002 and default private port 8003
; For a standalone this will usually be the externally accessible IP/DNS
; name and use default public port 9000. The private port is not used
; in the configuration for a standalone.

;# {BaseHostname} {} {BaseHostname} {"example.com" "127.0.0.1"} "127.0.0.1"
BaseHostname = "127.0.0.1"←ココがドメイン(またはIPアドレス)

;# {BaseURL} {} {BaseURL} {"http://${Const|BaseHostname}} "http://${Const|BaseHostname}"
BaseURL = http://${Const|BaseHostname}

;# {PublicPort} {} {PublicPort} {8002 9000} "8002"
PublicPort = "8002"←ココがポート

;# {PrivatePort} {} {PrivatePort} {8003} "8003"
; port to access private grid services.
; grids that run all their regions should deny access to this port
; from outside their networks, using firewalls
PrivatePort = "8003"←んじゃ、ココは?

[Const]でのポートの設定っぽいところは2カ所ですが、ご丁寧にPrivatePortまで9000にしてました。
これって、ハイパーグリッド接続のときのポートだそうです。
まあ、これが立ち上がらない原因ではなかったのですが、次回でもココどうするの?!って悩みそうなので
書き残します。


[Network]
;# {ConsoleUser} {} {User name for console account} {}
;; Configure the remote console user here. This will not actually be used
;; unless you use -console=rest at startup.
; ConsoleUser = "Test"
;# {ConsolePass} {} {Password for console account} {}
; ConsolePass = "secret"
;# {console_port} {} {Port for console connections} {} 0
; console_port = 0

;# {http_listener_port} {} {TCP Port for this simulator to listen on? (This must be unique to the simulator!)} {} 9000
;; Simulator HTTP port. This is not the region port, but the port the
;; entire simulator listens on. This port uses the TCP protocol, while
;; the region ports use UDP.
; http_listener_port = 9000←このポートは[Const]と同じポート

忘れそうなのが「 ; http_listener_port = 9000」の頭についてる 「 ; 」
ハイ、そうです。コレ外してください。


[Architecture]
;# {Include-Architecture} {} {Choose one of the following architectures} {config-include/Standalone.ini config-include/StandaloneHypergrid.ini config-include/Grid.ini config-include/GridHypergrid.ini config-include/SimianGrid.ini config-include/HyperSimianGrid.ini} config-include/Standalone.ini
;; Uncomment one of the following includes as required. For instance, to create a standalone OpenSim,
;; uncomment Include-Architecture = "config-include/Standalone.ini"
;;
;; Then you will need to copy and edit the corresponding *Common.example file in config-include/
;; that the referenced .ini file goes on to include.
;;
;; For instance, if you chose "config-include/Standalone.ini" then you will need to copy
;; "config-include/StandaloneCommon.ini.example" to "config-include/StandaloneCommon.ini" before
;; editing it to set the database and backend services that OpenSim will use.
;;
Include-Architecture = "config-include/Standalone.ini"
; Include-Architecture = "config-include/StandaloneHypergrid.ini"← 頭についている ; を外す
; Include-Architecture = "config-include/Grid.ini"
; Include-Architecture = "config-include/GridHypergrid.ini"
; Include-Architecture = "config-include/SimianGrid.ini"
; Include-Architecture = "config-include/HyperSimianGrid.ini"

覚え書きでは、
[Architecture] 
Include-Architecture = "config-include/StandaloneHypergrid.ini" ← 頭についている ; を外す
と書いています。
エエ、ちゃんとそのとおりに ; を外しましたとも。

でも、よーく見ると、その上の
Include-Architecture = "config-include/Standalone.ini"
ここの頭に 「 ; 」 を付けてやらんとならんのですよ。

以上、OpenSim.iniでの設定ミスでした。
もちろん、これダブルのミスだったので一つ解決しても立ち上がらずに、ものすご~く悩みましたとさ。

ちなみに、これまだ続きます。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?