viの呪い

 22, 2017 22:18
Linuxではファイルの編集をviというコマンドで行いますが、新規作成もまたviで出来たりします。
編集したいファイルを開くためには正確にそのファイル名を入力しなければならないのです。
それを間違えると間違えた名前のファイルが新しくできてしまいます。

そうやって、似た名前のファイルがいくつもできていくのでした(私だけ?)



やっと目的のファイルを開いて、間違っている箇所を訂正して(そのやり方もまた面倒っ!)保存終了をしようとすると、どうしてもできない。
えっ、なんで??



保存終了は、Esc → : → wq なんですが、
実は私、Esc → / → wq ってやってることに全く気づいていない(笑)



てでぐりオーナーが何度も「:q!でぬけれます」ってチャットで教えてくれてたんですが
/q!ってやって終了できなくてもっとパニくる私。



じゃあ、ってもう一個ターミナル立ち上げて、

「ps ax って打って、それらしいプログラムを見つけて、その番号でkillしてみてください」

-bash: kill: (7480) - Operation not permitted

あれ?だめです。

「suで作業してくださいw」

いや、さっきrootなりました・・・ってプロンプトは「$」
もう「#」と「$」のどっちがrootなのかもわからない。

なんでrootなれないのーーっ?!



結局、rootであろうがなかろうが、Esc → / → wq で終了などできようはずもなく。
とりあえず、最初からもう一度落ち着いてやります・・・・と、作業をやめたのでした。


てでぐりオーナーさま、あのときはVPSのせいにしましたが真相はこういうことでした。
辛抱強くつきあってくれたのに、こんなしょーもないオチでほんっとにゴメンナサイっ。


その後、落ち着いてやってみるとあっさり成功。
ちゃんとEsc → : → wqってやったようです(笑)


20170722.png
最近は、ここでダラダラしています。お気に入りの日本家屋。
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?