スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは、ホントの備忘録

 20, 2017 17:39
古いVPSは契約終了のため初期化しちゃってたんで、また真っさらからの設定になりました。
全部師匠のブログに書いてあることなんですが、screenを使うようになったところが変わったので自分用のメモです。
諸先輩方、間違ったところがあったらご指摘ください。



1.一般ユーザーをつくる

#adduser ××××(××××というユーザーを作る)



2.sudo権限の設定

一般ユーザに対してsudo コマンドが使用できるように設定する
このファイルは vi で編集しない!

#visudo

以下のファイル内容の最終行を修正する

root ALL=(ALL:ALL) ALL     部分を 
%×××× ALL=(ALL:ALL) ALL  に修正(××××という一般ユーザーにsudo権限を与えた)

「a」で入力モードに入ってからバックスペースで消し修正入力したあと、「Esc」でコマンドモードに戻り
「:」「wq」で修正完了。間違ったら「q!」



3.ポート番号を任意の数字に変更し、rootでログインできないようにする

#cd /etc/ssh/(ディレクトリの移動)
#ls (中身を確認し、sshd_config があることを確認する)
#vi sshd_config(sshd_config を編集する)

 「Port」 を任意の数字に
 「PermitRootLongin」を no に修正する

#/etc/init.d/ssh restart(書き換えた内容を有効にする)



4.ファイアーウォール設定(安全のためにターミナルを同時に二つ立ち上げておく)

$apt-get update
$apt-get upgrade
$apt-get dist-upgrade
(これをやらないとapt-getできない)

$sudo iptables -L(ポートの状態を確認)
$sudo apt-get install ufw(ufwのインストール)
$sudo ufw default deny(すべてのポートを閉じる宣言)
$sudo ufw allow ****←ターミナルでログインするときのポート番号

同じように、9000からSIMの数だけポートを開放する

$sudo ufw enable(ファイヤーウォールを有効にする)

Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation (y|n)?と聞いてくるのでyでEnter


**ここまでは、セキュリティ設定**



5.monoをインストールする

$sudo apt-get install mono-complete



6.OpenSimをバックグラウンドで動かすためにscreenをつかう

$sudo apt-get install screen(screenのインストール)



7.OSgridの公式サイトより最新のバイナリと「てでぐり」の設定ファイルをダウンロードする

$pwd(自分が現在どこにいるかを知る)
/home/ユーザーにいることを確認してから、

$sudo wget OSgridバイナリのURL
$sudo wget てでぐり設定ファイルURL
$sudo apt-get install unzip
$sudo unzip OSGのバイナリ名
$sudo unzip てでぐり設定ファイル名(解凍の際に先方設定のパスワードが必要だった)



8.てでぐり設定ファイルを所定のディレクトリにコピーする

$sudo cp -f OpenSim.ini /home/ユーザー/bin/ (-fは警告なしの上書きコピー)
$sudo cp -f GridCommon.ini /home/ユーザー/bin/config-include/



9.screenを起動させてからOpenSimを起動する

$screen

OpenSimのbinディレクトリに移動

$mono OpenSim.exe

立ち上がったことを確認してから

generate map

Ctrl+A 続けて D

$exit
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。