スプリクトもいろいろ

 28, 2017 22:09
MFShop.png

OpenSimのバージョンが変わるとさまざまなバグが出現します。
ある関数が使えなくなり、昨日まで動いていたスクリプトが突然動かなくなったり
テレポート障害が起こったり、その時々によってさまざまな現象が起こります。

スクリプトのコンパイルで簡単解決することもあれば、どうにもならずにOpenSimの
バージョンをダウングレードしたりJOGの住人たちは知恵を出し合って対処しています。

今、起こっている不具合はオブジェクトのパーミッション関係です。
フルパーミッションのオブジェクトでありながら右クリックコピーができなかったり
するのです。

M&Fcreationsのコンセプトは、
「なんでも右クリックコピーでお持ち帰りできます!」
なので致命的です。

そんなとき、OpenSimのOSgrid版のバージョン0.9.1であれば、そういった不具合は
起こらないとの情報が入ってきました。
JOGのスクリプト屋さんShinobarさんは、OSgridで配布しているものをJOG用に設定
しなおして利用しているそうです。

うーむ、私にできるだろうか?
Windowsで生まれ育った私には、VPSのLinuxサーバーを操作するのは至難の業・・・・
と思っていたら簡単に設定のできるスクリプトを Shinobarさんが公開してくださいました。
ありがとうございます!

それが「OSG配布のOpenSimバイナリをJOGで使う方法」です。

あのー・・・
でもこれ、どうやって動かせばいいんでしょうか・・・。


スクリプトといえば、SLで配布している無料のものやwebで公開しているものを
JOGでオブジェクトにぶっ込んで動いたらラッキーってレベルの私なので、
サーバーで動かすスクリプトなんてわかる訳がない(笑)
これって使い方の説明もないし質問もないってことは、みんなこれで理解してるのね、
そうなのね。


困ったときはGoogle先生。

2017-06-27_2106のコピー


なるほど、これはシェルスクリプトというものなのですね。
①が現在動いているJOGのOpneSimで、そこから設定に必要なファイルを
OSGから持ってきた②にコピーするというものなんだ。
それで、①と②を自分とこのディレクトリ名と同じにしなきゃならないのか。
そして、拡張子が.shというファイルを作って実行させるわけですね。
なるほどぉ。


早速、このスプリクトをコピペして、osg.shという名前で保存します。
sh osg.sh で実行させて、
今度は②のディレクトリのOpenSimを立ち上げてみます。どきどき・・・・。

おおおーっ!OSGから持ってきた②のOpenSimが無事立ち上がりました!


あとで、Shinobarさんに伺うと、実行は「スクリプト名.sh」だけでも動くし、
スクリプトファイルはどこに作ってもいいそうです。めっちゃ悩んだのに(笑)

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?