イースターエッグ紹介 番外編

 10, 2016 21:21
卵の中身はスカイドームだけではありません。


見つけると素敵なプレゼントをもらえるものも・・・・ウサギの着ぐるみです。
今、JOGのアバターは、このウサギ率が高いです(笑)

20160411_04.png

20160411_02.png
20160411_01.png
20160411_03.png

あれっ?
3つしか見つけてないわ!
この卵がもらえるのは、明後日までです。お急ぎくださいね!




そのほかには、こんな楽しい卵たち。

王道のハズレ卵。

20160411_07.png

試すのに勇気がいる卵。

20160411_05.png

4000mの彼方に飛ばされます。

20160411_06.png

こちらも上空に飛ばされますが・・・・。

20160411_15.png

ちょっと親切ですね。

20160411_08.png

卵に捕らえられて転がされたり。

20160411_09.png

ワニに襲われたり。

20160411_10.png

いかにもな、罠。

20160411_11.png

当然こうなりますね。

20160411_12.png

産卵してるわけではありません(笑)

20160411_13.png

あ~あ、割っちゃったぁ。

20160411_14.png


こんな楽しいイースターエッグを体験できるのは、明後日4/12の火曜日までです。
お急ぎくださいね!
スポンサーサイト

イースターエッグ紹介8

 10, 2016 18:20
いよいよ卵紹介も最後です。

次は、ダイエット中の方にはちょっと危険な卵。
場所はここです。

20160408_07.png

美味しそうですねぇ。

20160408_09.png

20160408_10.png

スカイドームのなかは落ち着いた感じのリビング。
テーブルの上には、なにやら魅力的なスイーツが・・・・。

20160408_11.png

箱入のマカロンはバレンタイン用だっだとか。
これ来年のバレンタインにはJOGでも販売してほしいですね。

20160408_12.png





ここからは、このイベントを企画した「M&F Creations」スタッフの作品です。


coromo Resident「ゆったりタマゴ」

20160410-01.png

20160410-02.png

空に浮かんで昼寝、雲が流れていきます。
実際の空や景色と重なって不思議な光景です。

20160410-03.png

目の前の船の絵の中の雲も流れていき、まるで絵のなかで船が動いているようにも見えます。
シンプルですが、とても手が込んでいますね。
お気に入りの音楽を聴きながら昼寝ができそうです。



fuugetu flowerbird「海辺の灯台」

20160410-09.png

この灯台は何度も説明画像でUPしているので見覚えあるかも。
中にも入れますよ。

20160410-10.png

「私の生まれたところ」

20160410-05.png

いわずと知れたあの昔話ですね。

20160410-08.png

ざわざわと竹が風にそよいで時々竹がほわんと光ります。
切ってみたくなりますね(笑)

20160410-07.png


そして、最後は私、JOGのアバター名はmisaki Residentです。

20160410-11.png

お姫さま気分に浸れるお風呂です。

20160410-12.png

女子会にどうぞ。

20160410-13.png

イースターエッグ紹介7

 10, 2016 16:55
お待たせしました!
JOGでは超有名人のクリエーターの方々の卵紹介です。

まずは、JOGユーザー会の会長brepon wing様。

卵はここ。

20160407_01.png
20160407_02.png

屋形船です。
この船どこかで見たような・・・・。

あっ、これだっ!
第3の人生

JOGに自分の作品をインポートするときに何度もこのページを参考にさせていただきました。
夜景がゆっくりと動いて、まるで船が動いているようです。

20160407_04.png

お友達とゆっくり語らうのにいいですね。

20160407_03.png





お次の卵はこちら。Kote2 Resident様

20160408_04.png

かなり早い時期からこの個性的な卵は「みさきハウス」の前にで~んとありました。

20160408_05.png

Second Lifeでもスシトレインというお店は有名ですね。
オーナーのKote2 Resident様は、JOGの住人でもあります。

20160408_06.png

Kote2 Resident様は、イベントなどで使うステージや備品などをwebで公開されているMMD用アクセサリから探してJOGにアップロードしてくださっています。

次にご紹介するKote2 Resident様2個めの卵の中身は、その最新作です。
このステージは、今年の桜まつりのステージに使われました。
20160409_01.png

20160409_02.png

20160409_03.png

20160409_04.png



そして最後は、しおりんマートのShiorifujigasaki Offcourse様
こちらもSecond Lifeでは有名なお店ですね。
JOGでもしおりんマートのあるShiorin Land SIMは、なんでも揃うデフォアバ脱却のための救済施設といってもいいでしょう。

20160408_01.png

この卵は、Easter Eggs Project が動き出して間もない頃から、ここにありました。
鬼フォトコンテスト用の鬼コスプレグッズを提供してくださるために、早々に設置してくださったのでした。

20160408_03.png

その他にも、カフェGardenOasisやみさきハウスの文字看板やイベント用案内看板などもわざわざ作って下さいました。
この場を借りてお礼を申し上げます。



イースターエッグ紹介6

 07, 2016 22:02
JOGの住人は日本人ばかりではありません。
次にご紹介する卵は、フランスからログインされている住人さんの作品です。

まずは、Sarah Klne様。
彼女は毎週カフェにも来てくださっていて、翻訳機を駆使しての会話を楽しんでいらっしゃいます。

この卵、イベント期間中は次々と場所を移動していましたから見つけられた人は少ないのではないでしょうか。

今あるのは、ここ。
20160407_05.png
20160407_06.png
20160407_07.png

場所がわかっていても座るのは至難の業かもしれません(笑)

居心地のいいスカイハウスです。

20160407_08.png

サンドボックスなどで着替えをするときにいいですね。
家具を置くときは、部屋とひとつにリンクしてくださいね。
地上に降りるときリンクしていない家具は上空に置き去りになりますよ~。




次は、同じフランスからの住人charma_velle Resident様。

20160407_09.png
20160407_10.png

不思議な世界観です。

20160407_12.png

20160407_13.png

彼女はリアルでも芸術家と接するお仕事についていらっしゃるそうです。
「なるほど~」と納得する作品ですね。

20160407_14.png

実は、私はまったく英語ができないので、こういう世界で暮らしていても日本人コミュニティから出ることはあまりありません。
Second Lifeでも外国人の友人はいませんでした。

このお二人は、はじめてできた日本人以外のお友達です。
親しくなりたいという気持ちがあれば、英語力なんて関係なかったのですね。

イースターエッグ紹介5

 07, 2016 21:08
20160406_15.png

このスカイドーム、見たときは鳥肌がたちました。
ikim Destiny様の作品です。


卵の場所はここ。

20160406_12.png
20160406_14.png

風邪の谷です。誤字ではありません。マスクをしてお出かけくださいね(笑)

20160406_17.png

風邪の谷の凧には乗れますよ。凧を右クリックして座ってみてください。

20160406_16.png

この風邪の谷は、JOG meets SIMのモール1号館「いきむ堂」で手に入れることができます。

イースターエッグ紹介4

 07, 2016 20:23
グリッドの海を渡り諸外国から良品を仕入れてきては配布してくださるramu Resident様。
いつもありがとうございます。

今回、二つの卵を出展してくださってます。
まずは、1個目はここ。
20160406_01.png

鳥や花をディスプレイしたこんな素敵なカゴを用意してくれました。
20160406_02.png

20160406_04.png

飾りの文字はネオンです。夜設定にしてみました。
20160406_03.png

足元の青いのはテレポーターです。右クリックで座ると…
20160406_06.png

雲の上。
このベンチほしいなぁ。
20160406_05.png

2個目はここです。
20160406_07.png

このウサちゃんも可愛いですね。
20160406_08.png

プールです。リゾート気分が楽しめます。
20160406_09.png

カメさんと一緒に泳いだり、浦島太郎のようにカメに乗ることもできます。
20160406_10.png

そして、このスカイドームは…
20160406_11.png

ご本人はモノづくりが出来ないからモノ集めをしているとおっしゃいますが、このスカイドームの仕上がりはスゴイです。
これは、ぜひとも手に入れたいですね。

イースターエッグ紹介3

 03, 2016 21:21
2016_04_03_02.png

夏の庭の作者timou Nishi様、実は早い段階からプロジェクトに参加してくださっていました。
スカイドームの制作にも多くの時間と手間がかかっていますし、イベントのアイディアもいろいろいただきました。


卵があるのは、ここ。

2016_04_03_01.png

ところが私達のスキルがあまりにもお粗末だったせいで、いただいたアイディアのどれも実現させることができませんでした。
ハントなのになにも賞品がもらえない(右クリックコピーで卵は持ち帰れますが)どれだけ卵があるのかわからない、どの卵を見つけたのかわからない。

苦肉の策で、ハントとは言わないことにしました。
「イースターイベントはSLのハントとは違います、卵を見つけたら別世界に運ばれるというコンセプトのイベントです」(笑)


なにもできなかった私達なのに、こんなに居心地のよいスカイドームを提供してくださって本当に感謝しています。

2016_04_03_04.png

方角を合わせると、この岩の隙間に夕日が沈みます。

2016_04_03_05.png

timou Nishi様の制作に対する真摯な想いはクリエーターもどきの私達にも伝わり、なんとか上空でGIFTを配布することだけはできるようになりました。
(スカイドームが再び卵に戻るためには制約があり、いろいろな面で苦労しました)


このプレゼントの箱をタッチすると、この素敵な夏の庭がいただけます。

2016_04_03_06.png

Easter Eggs Project

 03, 2016 17:32
このイベントを思いついたのは、JOGのスクリプト屋さんShinobar様にいただいたSkyCupsuleというオブジェクトからでした。
REZして座れば、この状態で上空に運ばれて、そこにドームが出現します。

2016_04_03.png

サンドボックスなどで上空に打ち上げて着替えや作業場として使ったりするものと同じ仕組みですね。
私もSecond Lifeのインベントリーには持っていたりしますが、当然のことながら編集などはできませんし、スクリプトも見ることはできません。

Shinobar様のスクリプトはすべて中身を見ることができますし、修正を加えることも許可されています。
といっても、スクリプトが読めない私には修正などできようはずがないのですが、Shinobar様のスクリプトのすごいところはノートカードで調整ができるのです。

スクリプトと同包されるCONFIGというノートカードの該当の箇所を書き換えれば、簡単に(いや私には結構むずかしかったりしますが)調整することができます。
そうして、アイディアだけでなんのスキルもない私達にも今回のイベントを開催することができたのでした。
この場を借りて、改めてShinobar様にお礼を申し上げます。

ところで、このイースターイベント、企画は「M&F Creations」というcafe::GardenOasis::を母体とするグループです。
JOGユーザー会の施設を作ったりしているので、M&F工務店などと呼ばれていますが(笑)

Second Lifeとくらべると人も物も少ないこの世界で、クリエーターでもない技術屋でもない一般人の私達が楽しむためにはどうしたらいいのか。
そんな思いから「M&F Creations」は誕生したのでした。


今日だ!!

 03, 2016 09:44
hanami1.png

ここのところずっとイースターイベント関連で忙しくしていて、はっと気づくと今日だった。
本日4月3日は、第2回JOGユーザー会主催のお花見です。
22:00から、JOG meets SIMにて開催いたします。

いろいろ手が回らずになにもお手伝いできなかったんですけど、coromoさんが素敵なポスターを作ってくれました。
額に入れてお部屋に飾りたいような出来ですね~。

イースターエッグ紹介2

 02, 2016 23:38
イースターイベントでは、すべての卵にスカイドームが入っていたわけではありません。
その卵たちはハズレ卵と呼ばれていますが、実は普通にスカイドームを作るより手が込んでいたりします。
ハズレ卵の制作のみに燃えていたクリエーター様もいたりして、多種多様な卵を楽しむことができました。

次にご紹介する卵はあまりにも手が込んでいるがゆえに、ハズレ卵に間違えられてスカイドームまで行き着くことができなかった人もいるという笑い話のような本当の話。
teddy Dragoone様、これを作るために必死でスクリプトをお勉強されたとか。

卵があるのはここ。

2016_04_02_01.png

鶏小屋です。

2016_04_02_02.png

この小屋の中の金の卵に座ってしまう人が続出したために、途中で注意書き看板がでました(笑)
まず鳥小屋のドアをタッチして数秒待ちます。
連打して開きかけたドアがピシャリと閉まったりしますから。

鶏小屋のドアが開いたら中の卵にタッチ。

足元に現れた卵に座ると……。
チキンダンス踊らされます。

2016_04_02_03.png

はい、この時点でハズレ卵に間違われました(笑)


まだまだあります。粘りましょう。
今度はこれ。

2016_04_02_04.png

画像では少しわかりにくいですが、緑色の卵が大量に出てきて海の方へとゴロゴロ転がっていきます。



三度目の正直。ファンファーレが鳴ったらアタリの卵です。
もちろん3回目にアタリが出るとは限りません。
何度やってもチキンダンスを踊らされたり、緑の卵を量産したり。
諦めずにトライしてくださいね。

2016_04_02_05.png


2016_04_02_06.png

アタリの卵に運ばれた先には、
懐かしい人との再会がありました。

2016_04_02_07.png

このイベントも忙しい忙しいと言いながら、きっと参加してすごいものを作ってくれたでしょうに。

2016_04_02_08.png

ここで恨み言でもいいましょうか…。

WHAT'S NEW?