難しさの指標

 22, 2015 22:08
師匠のブログ「もとちゃ の めざせ!たこ焼き屋さん」では

お使いのネット環境によってグリッドにSIMを公開する難易度が

違うと説明しています。



その内容は、

シム公開の準備体操--その1

あたりからその説明がありますので、詳しくお知りになりたい方は

クリックしてみてくださいね。



ザックリまとめると、

「大吉」・・・・「NATループバック」と「ダイナミックDNS」に

       対応したルーターを使用している


「中吉」・・・・「NATループバック」には対応しているけれど

      「ダイナミックDNS」の自動更新はやってくれない


「小吉・末吉」・・・・ルーターがそのどちらにも対応していない


「凶」・・・・IPアドレスがプライベート(ローカル)IPアドレス




そうして「凶」の私は、レンタルサーバーを利用してSIMを公開

するという遠く険しい道を歩むことになったのでした。

スポンサーサイト

無知の暴挙

 21, 2015 23:10
OpenSim ってなんだろ?から始める人は稀だと思うんですよね。



SecondLife やってる人が、自分のPCの中に SecondLife と同じ

ような世界を作れるらしいよ?って感じで始める人が大半だと

思います。



私もそこから始めたので SecondLife とはあまりに違うデフォルト

のアバターにショックを受けました。

夢にまで見たSIMオーナーですが、このたこ焼き島をいったいどう

すればいいのだろうと途方に暮れました。



これが SecondLife なら今まで少しずつ集めてきたインベントリー

にある持ち物を使って、森を作ったり家を建てたり出来るのに、

生まれたばかりのアバターは何も持ってはいないし、それを調達

する手段もありません。



それなら、このSIMをどこかのグリッドに繋ぐしかない。

そうすれば、他の人のSIMに出かけていって樹木をもらったり、

家をもらったり、素敵なアバターを手に入れたりSecondLife と

同じように誰かとおしゃべりしたりできるのです。



そうしてメカ音痴はサーバーを立てるという暴挙にでたのでした。


大凶の選択

 18, 2015 14:25
ネット環境が大凶の私に残された道は、レンタルサーバー。

VPS(仮想プライベートサーバー)を利用してサーバーを立てる

ことでした。


しつこいですが、私はメカ音痴。

PCを購入してもお金を払って初期設定してもらうような人です。

今にして思えば、サーバーの意味すら理解できてはいません

でした。



そんな人間がサーバーを扱っちゃいけないのかもしれません。

実際、SecondLifeの友人にも何度も忠告されました。



それでも、セキュリティ面も含めてちゃんと手順を踏んで教えて

くれる師匠のブログのとおりにつまづき転びながらもなんとか成功

したのでした。



ところで、私の感覚的にはサーバーを立てるなどという大それた

ことではなく、自分で自由にできるSIMをやっと手に入れた!

でした。



実は、OpenSimはスタンドアロンモードというものがあります。

自分のPCの中にSIMを作ることができるのです。



もちろんどこにも繋いでいない閉じられた世界なので、いうなれば

一人SecondLife。

OpenSimを体験はできるのですが、素敵なもので溢れている

SecondLifeとは全く違います。



海に囲まれた「たこ焼き」のような丸い島にポツンと残されても

何をしていいのかわからないことでしょう。

WHAT'S NEW?