三度目の正直 Café ::GardenOasis::

 28, 2015 17:16

実は、OpeSim でカフェを開くのはこれが初めてではありません。

数年前、Avination というイギリスのグリッドサービスが流行った

ことがありました。



SecondLife よりも安価で土地(SIM)が持てるというので、数多く

の日本人クリエーターたちが新天地を求めてAvinationに移住した

のです。クリエーターではありませんが、私もその一人でした。



そこで今の JOG のようにコミュニティができ、そこのSIMオーナ

ーの土地を借りてカフェをしていました。



残念ながら、Avination の日本人クリエーターたちは次々と撤退

していき、私もカフェを開いていた SIM の閉鎖とともにAvination

を去ったのでした。



でも、そのときの仲間の何人かとは今でも一緒にいます。

というわけで、Café ::GardenOasis:: Avination 支店が OpenSim で

カフェ1号店なのでした。
    ↑
実は本店はSecondLifeで密かに営業中(笑)

スポンサーサイト

Café ::GardenOasis:: 誕生のいきさつ

 28, 2015 00:24

Japan Open Grid(JOG)に移住することになったきっかけは、

OpenSim グリッドサービスの最大手「OSgrid」がシステムトラブ

ルのために長期間オフラインになってしまったせいなのですが、

ちょうどその頃、無料でSIMオーナーを募集するキャンペーンが

JOGで始まり、JOGの人口は一気に膨れ上がったのでした。



とはいっても、ログインしている人数は、だいたい一ケタ(笑)

0 なんてことも珍しくはありません。



それでも、まだ小さな世界なのでMAPで住人の気配はなんと

なく感じられます。



初期のころの Second Life みたい。



とは、住人たちの間でよく聞かれる感想です。

私自身は、そのころの Second Life を知らないのですが異国で

出会った日本人がコミュニティを作り始めた感じでしょうか。




JOGでも有志の住人でユーザー会が発足しました。

「ログインしたけど誰もいない」

「どこに行けばいいのかわからない」

というJOG住人や新規ユーザーのために毎日決まった時間の

集まりを作ろうということになりました。



すでに行われている定時のイベントもあり、それに加わる形で

Café ::GardenOasis:: も誕生したのでした。


WHAT'S NEW?