FC2ブログ

みさぐりCafe新装開店

 11, 2019 09:30
台風15号の影響で停電が続く千葉県ですが、JOGのサーバーも千葉県にあります。
当然JOGにはログインできませんから本日のCafeはお休みかと思いきや、そうだ!みさぐりがあるじゃないですか!

ということで、掲示板にUP
この掲示板は、JOGがオフラインのときの連絡のためにM&Fcreationsで開設したものですが、こういうとき本当に役立ちます。


本日のCafeは、GardenOasisグリット(みさぐり)での営業となります。
OSグリッドのアバターをお持ちの方は、OSグリットにログインしたら世界地図で
gardenoasis.server-on.net:9000 を検索してTPしてください。



OpenSimの住人は、たいていJOG以外のグリッドのアカウントを持っているので、このやり方で
簡単にみさぐりに行くことができるのです。

そして、その夜のCafeの様子。
ほとんどの人が自分のグリッドのアバターでやってきました。これがOpenSimの醍醐味ですね。

2019-09-10_2253.png

密かにいろんなグリッドに進出しているcafe::GardenOasis::ですが、ついに念願の自分で立てたグリッドでのオープンです。
スポンサーサイト



みさぐり奇譚④

 25, 2019 23:42
これは、ホントの備忘録です。
サイトから忠実にコピペした内容を記録してます。

①/usr/local/binに「mydns.sh」の名前で以下の内容のファイルを作成

#!/bin/bash
wget -q --user=MasterID --password=password -O /var/tmp/ip_update.html https://ipv4.mydns.jp/login.html

②権限の付与
chmod +x /usr/local/bin/mydns.sh


③毎日22時00分に「mydns.sh」を実行
echo "0 22 * * * root /usr/local/bin/mydns.sh" > /etc/cron.d/ddns-update




どんなデタラメなスクリプトを作ったかって、

#!/bin/bash → #!/bin/sh になってたとか

chmod +x /usr/local/bin/mydns.sh → /usr/local/bin/mydns.shが全然違うとこ指定してたとか

ちょっと注意すればわかることなんですよね。
それか全く考えずにコピペするかww

みさぐり奇譚③

 25, 2019 00:26
20190825.png

うちのネット環境は、ケーブルTVです。
どうやってもサーバーが立てられないと知ったときはショックでしたが、執念でLinuxのコマンドをコピペしながらVPSでサーバーを構築してJOGに自分のSIMを接続しました。

変な自信をつけた私は、今度は無謀にもアバターも自前という自分のグリッドを作りました。
正しい手順を踏めば誰にでもできることはメカ音痴の私で実証済みです。
うっかりミスさえなければ。

ここ数日もそのせいで泥沼でした。
それは、MyDNSの更新通知。
VPSなのでIPアドレスは固定ですが、そのまま使うとアバターのネームタグにIPアドレスが表示されてしまいます。
「コレ、私のIPアドレスで~す」と頭の上に乗っけて世界中を歩くことになってしまいます。
そこで、MyDNSの無料ドメインを使わせてもらっているのですが、これ1週間ごとに手動で更新通知が必要なんですよね。

ちょっとネットでググれば、それを自動で行う方法がいくらでも出てきます。
理解できなくてもそのとおりにやれば、できてしまいます。
前回、それで簡単にできちゃったので、覚え書きにも書いていませんでした。

なぜ簡単にできちゃったかというと、全く内容を理解していなかったから。
一発でたどり着いたサイトに書かれていたことを忠実にコピペして、奇跡的にミスなく成功してしまったのでした。

前よりちょっとお利口になっていた私は、これがシェルスクリプトだと知りました。
cronで毎日決まった時間にスクリプトを実行するということもイメージできるようになっていました。
(あくまでイメージ、理解ではないw)

いろいろなサイトをみては少しずつ参考にしたせいで、脈絡のないスクリプトを作ってしまったのでした。
そんなものが動くわけがない。

結局、JOGで諸先輩方を質問攻めにして自分の愚かな間違いに気づき、参考にするサイトをひとつに絞り忠実にコピペして成功したのでした。

なんだかなぁ・・・。

みさぐり奇譚②

 19, 2019 20:24
20190819.png

前回のOpenSim.ini設定ミスを修正してみさぐり(あ、GardenOasisグリッドだったw)が無事立ち上がりました。
期待に胸をふくらませ、さあログインです!

ビューアーへの新しいグリッドの登録はJOGサイトでもわかりやすい説明があるし、今まで全く悩むことなくきたんですが、
今回はなぜか自分のグリッドが設定できません。

立ち上がっているのにログインできないとは、これいかに?


OpenSim.ini以外に設定するものは、「StandaloneCommon.ini」です。

[Hypergrid]
; Uncomment the variables in this section only if you are in
; Hypergrid configuration. Otherwise, ignore.

;# {HomeURI} {Hypergrid} {The Home URL of this world} {}
;; If this is a standalone world, this is the address of this instance.
;; If this is a grided simulator, this is the address of the external robust server that
;; runs the UserAgentsService.
;; For example http://myworld.com:9000 or http://myworld.com:8002
;; This is a default that can be overwritten in some sections.
; HomeURI = "${Const|BaseURL}:${Const|PublicPort}"→頭の ; を外す

;# {GatekeeperURI} {Hypergrid} {The URL of the gatekeeper of this world} {}
;; If this is a standalone world, this is the address of this instance.
;; If this is a grided simulator, this is the address of the external robust server
;; that runs the Gatekeeper service.
;; For example http://myworld.com:9000 or http://myworld.com:8002
;; This is a default that can be overwritten in some sections.
; GatekeeperURI = "${Const|BaseURL}:${Const|PublicPort}"→頭の ; を外す

覚え書きでは、頭の ; を外すことと、


[GridService]
;; For in-memory region storage (default)
StorageProvider = "OpenSim.Data.Null.dll:NullRegionData"
;;--- For MySql region storage (alternative)
;StorageProvider = "OpenSim.Data.MySQL.dll:MySqlRegionData"

;; Directory for map tile images of remote regions
; MapTileDirectory = "./maptiles"

;; Next, we can specify properties of regions, including default and fallback regions
;; The syntax is: Region_ = ""
;; where can be DefaultRegion, FallbackRegion, NoDirectLogin, Persistent, LockedOut
;;
;; DefaultRegion If a local login cannot be placed in the required region (e.g. home region does not exist, avatar is not allowed entry, etc.)
;; then this region becomes the destination. Only the first online default region will be used. If no DefaultHGRegion
;; is specified then this will also be used as the region for hypergrid connections that require it (commonly because they have not specified
;; an explicit region.
;;
;; DefaultHGRegion If an avatar connecting via the hypergrid does not specify a region, then they are placed here. Only the first online
;; region will be used.
;;
;; FallbackRegion If the DefaultRegion is not available for a local login, then any FallbackRegions are tried instead. These are tried in the
;; order specified. This only applies to local logins at this time, not Hypergrid connections.
;;
;; NoDirectLogin A hypergrid user cannot directly connect to this region. This does not apply to local logins.
;;
;; Persistent When the simulator is shutdown, the region is signalled as offline but left registered on the grid.
;;
;; For example:
Region_Welcome_Area = "DefaultRegion, FallbackRegion"→外からのお客さんが最初に降り立つSIM名を指定

Region_GardenOasis = "DefaultRegion, FallbackRegion" と書き換える、としか書いてありません。

でも、それ以外に絶対必用な設定があったんですよ。


[GridInfoService]
; These settings are used to return information on a get_grid_info call.
; Client launcher scripts and third-party clients make use of this to
; autoconfigure the client and to provide a nice user experience. If you
; want to facilitate that, you should configure the settings here according
; to your grid or standalone setup.
;
; See http://opensimulator.org/wiki/GridInfo

; login uri: for grid this is the login server URI
login = ${Const|BaseURL}:${Const|PublicPort}/

; long grid name: the long name of your grid
gridname = "the lost continent of hippo"→"the lost continent of hippo"を"GardenOasis"に書き換え

; short grid name: the short name of your grid
gridnick = "hippogrid"→"GardenOasis"

; login page: optional: if it exists it will be used to tell the client to use
; this as splash page. May also be served from an external web server, e.g. for
; information on a standalone
;welcome = ${Const|BaseURL}/welcome→ビューアーのログイン画面で表示する画像のURL(もちろん頭の ; を外すww)

; helper uri: optional: if it exists it will be used to tell the client to use
; this for all economy related things
;economy = ${Const|BaseURL}/economy

; web page of grid: optional: page providing further information about your grid
;about = ${Const|BaseURL}/about

; account creation: optional: page providing further information about obtaining
; a user account on your grid
;register = ${Const|BaseURL}/register

; help: optional: page providing further assistance for users of your grid
;help = ${Const|BaseURL}/help

; password help: optional: page providing password assistance for users of your grid
;password = ${Const|BaseURL}/password

; HG address of the gatekeeper, if you have one
; this is the entry point for all the regions of the world
; gatekeeper = ${Const|BaseURL}:${Const|PublicPort}/

; HG user domain, if you have one
; this is the entry point for all user-related HG services
; uas = ${Const|BaseURL}:${Const|PublicPort}/→ 頭についている ; を外す


この設定をやらないと自分のグリッドは見つかりません。
しかし、これ以前ちゃんとやってるはずなんですよ。覚え書きに漏れていたんですね。

次にやるときのために、もう一度言います(自分に)
まず、shinobarさんのブログ「パピーでOpenSIM」をよぉく読め!

みさぐり奇譚①

 18, 2019 15:35
20190817.png

ほとんど放置だったJOGに接続していたリージョンを整理するタイミングでVPSを初期化して再構築しました。
もう何度目かになるこの作業ですが、毎回どこかでつまずいている私。特に今回はひどかった。

前回の覚え書きどおりにやってるのになぜか立ち上がらない。
もちろん、うっかりミスが原因なんですが、あまりにもそれが多すぎる!
そこからの説明?!ってぐらいに手とり足とり懇切丁寧な覚え書きだというのに。

次につまずいたときのために恥を忍んで書き残します。


前回、OpenSimのポート設定を8000番台にしていたら、8000番台はweb関係で使われることがあるから
「セオリー通り9000番台がいいよ」とアドバイスされました。
で、今回は9000番から順番にリージョンに割り振っていったんですが、なぜか立ち上がらない。
そういうときは、まずは「OpenSim.ini」ですね。よくやることは、頭についている ; を外してないとか。

OpenSim.iniでポートの設定するところは、

[Const]
; For a grid these will usually be the externally accessible IP/DNS
; name and use default public port 8002 and default private port 8003
; For a standalone this will usually be the externally accessible IP/DNS
; name and use default public port 9000. The private port is not used
; in the configuration for a standalone.

;# {BaseHostname} {} {BaseHostname} {"example.com" "127.0.0.1"} "127.0.0.1"
BaseHostname = "127.0.0.1"←ココがドメイン(またはIPアドレス)

;# {BaseURL} {} {BaseURL} {"http://${Const|BaseHostname}} "http://${Const|BaseHostname}"
BaseURL = http://${Const|BaseHostname}

;# {PublicPort} {} {PublicPort} {8002 9000} "8002"
PublicPort = "8002"←ココがポート

;# {PrivatePort} {} {PrivatePort} {8003} "8003"
; port to access private grid services.
; grids that run all their regions should deny access to this port
; from outside their networks, using firewalls
PrivatePort = "8003"←んじゃ、ココは?

[Const]でのポートの設定っぽいところは2カ所ですが、ご丁寧にPrivatePortまで9000にしてました。
これって、ハイパーグリッド接続のときのポートだそうです。
まあ、これが立ち上がらない原因ではなかったのですが、次回でもココどうするの?!って悩みそうなので
書き残します。


[Network]
;# {ConsoleUser} {} {User name for console account} {}
;; Configure the remote console user here. This will not actually be used
;; unless you use -console=rest at startup.
; ConsoleUser = "Test"
;# {ConsolePass} {} {Password for console account} {}
; ConsolePass = "secret"
;# {console_port} {} {Port for console connections} {} 0
; console_port = 0

;# {http_listener_port} {} {TCP Port for this simulator to listen on? (This must be unique to the simulator!)} {} 9000
;; Simulator HTTP port. This is not the region port, but the port the
;; entire simulator listens on. This port uses the TCP protocol, while
;; the region ports use UDP.
; http_listener_port = 9000←このポートは[Const]と同じポート

忘れそうなのが「 ; http_listener_port = 9000」の頭についてる 「 ; 」
ハイ、そうです。コレ外してください。


[Architecture]
;# {Include-Architecture} {} {Choose one of the following architectures} {config-include/Standalone.ini config-include/StandaloneHypergrid.ini config-include/Grid.ini config-include/GridHypergrid.ini config-include/SimianGrid.ini config-include/HyperSimianGrid.ini} config-include/Standalone.ini
;; Uncomment one of the following includes as required. For instance, to create a standalone OpenSim,
;; uncomment Include-Architecture = "config-include/Standalone.ini"
;;
;; Then you will need to copy and edit the corresponding *Common.example file in config-include/
;; that the referenced .ini file goes on to include.
;;
;; For instance, if you chose "config-include/Standalone.ini" then you will need to copy
;; "config-include/StandaloneCommon.ini.example" to "config-include/StandaloneCommon.ini" before
;; editing it to set the database and backend services that OpenSim will use.
;;
Include-Architecture = "config-include/Standalone.ini"
; Include-Architecture = "config-include/StandaloneHypergrid.ini"← 頭についている ; を外す
; Include-Architecture = "config-include/Grid.ini"
; Include-Architecture = "config-include/GridHypergrid.ini"
; Include-Architecture = "config-include/SimianGrid.ini"
; Include-Architecture = "config-include/HyperSimianGrid.ini"

覚え書きでは、
[Architecture] 
Include-Architecture = "config-include/StandaloneHypergrid.ini" ← 頭についている ; を外す
と書いています。
エエ、ちゃんとそのとおりに ; を外しましたとも。

でも、よーく見ると、その上の
Include-Architecture = "config-include/Standalone.ini"
ここの頭に 「 ; 」 を付けてやらんとならんのですよ。

以上、OpenSim.iniでの設定ミスでした。
もちろん、これダブルのミスだったので一つ解決しても立ち上がらずに、ものすご~く悩みましたとさ。

ちなみに、これまだ続きます。

WHAT'S NEW?